未来の建築家を発掘、一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

工務店トップインタビュー

「素直にものを見て提案できる純粋さは、時代に関わらず
 輝くもの。学生には素直に表現する挑戦者であってほしい」。

北海道
株式会社 土屋ホームトピア 代表取締役社長 菊地英也 

平岡リフォームモデルハウス

 学生がこのようなコンテストに挑戦することは非常に喜ばしく、大したものだと思います。若いうちに、世の中には凄いやつがいっぱいいるんだ、と知る経験は貴重なものです。そんな意欲ある学生の隠れた才能を開花させ、可能性を発揮できる場に協力できればという思いで参加させて頂きました。

当社は36年にわたりリフォーム専門に歩んできた会社です。私が実感しているのは、新築とリフォームは全くの異業種であるということです。現在は様々な会社がこの業界に参入してきていますが、地域で膨大なストックを抱えるリフォームに真剣に取り組み、建築を理解し、業界のレベルアップやお客様の幸せを本当に考えている業者がどのくらいいるかは、正直疑問に感じています。


リフォームは今のお住まいの状況でのスタートで100軒あれば100軒すべて条件が違います。様々な制限があるなか、ご要望をかなえつつ生活にマッチしたご提案をすることは、新築以上に難しいことも少なくありません。しかもお客様の目が常に横にあり、気遣いを持たなければできない仕事です。それゆえ、完成して喜んで頂けた時の喜びは新築以上に大きく、やりがいを感じる業種だと実感しています。


当社では毎年新卒採用をしていますが、入社後は自分がやりたい分野から仕事をスタートしてもらいます。ただ、設計を選んでもずっと設計ではなく次に工事、工事の次には営業と、家づくりにおけるすべてを経験してもらいます。そしてどのタイミングでも必ず営業として自分が主体的にお客様のためになることを経験してもらいます。なぜなら技術や設計がどんなに長けていても、お客様の気持ちをとらえることができなければ、本当の意味でお客様の役に立つことができないからです。厳しい表現かもしれませんが、これはどんな業種にも言えることだと思います。

リフォームの現場ではお客様の質問やご要望に対応し、判断しなければならない場面が多いものです。「私は営業なので設計に聞いてください」では今のお客様のスピード感にも合わず話になりません。営業であっても、「この柱は取っていいか」の判断が必要となる構造やデザイン、資金面等と総合的な判断をしなければリフォームはできないということがあります。一人で営業、設計、工事と三役ができて初めてお客さまのニーズに応えられるという、非常に難しく知識と経験が求められる業界だと言えます。そういう意味では当然学生の皆さんは経験としては未熟ですが、新たな発想で提案できるピュアさを持っていると思います。
だからこそ、これから、どんどん磨いていけば、もっともっと輝けると思います。

 
素直にものを見て提案する純粋さはいつの時代になっても非常に大事なものだと思います。いつまでもその素直さをもって挑戦していってほしい。未来のリフォーム業界で活躍する人財が多く育つことを心より願っています。


施工事例


【企業プロフィール】

【会社名】株式会社土屋ホームトピア
【住 所】〒004-0022 北海道札幌市厚別区 厚別南一丁目18番1号
【T  E  L】011-896-3302 (代表)
【M A I L】  reform@hometopia.co.jp
【事業内容】住宅・マンションリフォーム、  インテリア・エクステリア、  
      店舗設計などの企画・施工
【沿革など】設立1982年6月21日  資本金 2億円 

株式会社 土屋ホームトピア ホームページ