住宅設計の登竜門。建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

忘れ物のお知らせ

会場に、以下の写真の3つの忘れ物がありました。

①ノート ②筆箱 ③傘

心当たりのある方は、事務局までご連絡ください。

ksg@taniguchi-koumuten.jp または 0748-43-1128

(木の家設計グランプリ事務局)

木の家設計グランプリ2019受賞者

金賞・アンダー20賞
『茶畑にかけられた大きな屋根の小さな住宅〜大きな屋根が紬ぐ暮らし〜』
中池琳矢[鹿児島工学院専門学校]

銀賞
『ながら暮らしの家 ファストライフとスローライフの横断』
粟田美樹[大阪市立大学大学院]・井上雅也[神戸芸術工科大学大学院] 

銅賞
『マキ・マチヤ 小さき住戸「町家」、その第五世代としての提案』
三島みらの[金沢工業大学大学院]

優秀賞
『家纏いの家』
石川雄大・大滝拓人・仲間剣[工学院大学大学院]

『「ウチ」の少ない家』
松島佑宜・伴誠太[金沢工業大学]

『染まる家 -変化量の少ない箱と等価な小さな部屋たち-』
田代大賀[秋田県立大学大学院]

『ツクリ/ツムグ イエ -郊外地域における小さな地域社会圏の提案-』
皆戸中秀典[愛知工業大学]

『かざぐるまの家』
中野雄介・熊本崇人[大阪市立大学大学院]

『うつりぎの家』
畑野晃平・安藤雅人[芝浦工業大学大学院]

『補綴的家』
木下喬介[東京理科大学大学院]

審査員長特別賞
『家纏いの家』
石川雄大・大滝拓人・仲間剣[工学院大学大学院]

ビルダー賞

相羽建設株式会社賞
『異なる小さな環境群』
吉田大我・渡邉麻里・内田樹[明治大学]

株式会社青木建設賞
『小さな間口の家 -マチへ自然と文化を-』
上島惇之介・高須拓[徳島大学]

大野建設株式会社賞
『カイダンノイエ』
大石健斗・入江海斗・加藤智也・塚本歩良[日本工業大学]

株式会社クレア モリノイエ軽井沢賞
『限景のイエ』
円田翔太・江端木環[大阪大学大学院]

株式会社クレイル賞
『厚みの小さい家』
塚本貴文[明治大学]

株式会社コアー建築工房賞
『利休の社』
森遼太[京都建築大学校]

株式会社サン工房賞
『大きさを生む、小さな穴』
加古梨紗・岡田美憂[静岡文化芸術大学]

株式会社菅組賞
『光の少ない家』
園里彩[滋賀県立大学]

株式会社土屋ホームトピア賞
『遠慮から始まる家』
家村しずか[前橋工科大学]

有限会社鳥生工務店賞
『段差の記憶 ~小さな空間の重なりの家~』
三分一智朗・菰渕雄馬[広島工業大学]

株式会社はなおか賞
『靴下の少ない家』
安元春香・川村美紅・佐藤海・佐藤玄太[豊橋技術科学大学]

ひだまりほーむ(株式会社鷲見製材)賞
『月を感じる家 -視界の遮りが少ない家の提案ー』
仲澤実玖[椙山女学園大学]

有限会社福富建設賞
『集う小さな希望、広がる再興の町家』
加藤朱莉・新見恵理・上杉一夢[広島工業大学]

株式会社HORI建築賞
『すきまのある家』
安永廉・森本興[京都工芸繊維大学大学院]

株式会社丸尾建築賞
『連子の家-側路-』
相方健次[秋田県立大学大学院]

株式会社ミヤワキ建設賞
『小さな居場所をもつ住宅』
三好隼平[滋賀県立大学]

株式会社山弘賞
『ちょっとだけ変わった蔵し ~町屋の再考察~』
井手添百香[島根大学]・田渕輝[島根大学大学院]

模型賞
『「ウチ」の少ない家』
松島佑宜・伴誠太[金沢工業大学]

<上位20選>
『先住ネコと歩む家』
三木渓杜・牧野哲平・西井隆人・岡佑馬・齋藤紗希・伊藤巧馬・東晃平[岡山理科大学]

『倉庫長屋物語』
和田拓海・藤田開成[名古屋市立大学大学院]

『利休の社』
森遼太[京都建築大学校]

『異なる小さな環境群』
吉田大我・渡邉麻里・内田樹[明治大学]

『紙がつくる、 都市の暮らし』
佐藤諒太[東京理科大学]

『商店街の小さな家から生まれるコミュニティ』
藤井映光・白鳥優梨花・市吉満帆・杉山海帆[共立女子大学]

『pixel house』
齊藤彬人[芝浦工業大学]・小川恭平[芝浦工業大学大学院]

『ゴツボハウスs ~仮設から移り住むための基本単位(プロトタイプ)~』
水島瑠美・後藤玖美・山田詩乃[共立女子大学]

『繋がりの塔 ー家族と街の人の居場所を創る狭小二世帯住宅ー』
酒井はな・梶原彩帆・田口桜[共立女子大学]

『穴壁シェアハウス』
金芳綾音・川島史也[京都府立大学]

以上10作品と、金賞、銀賞、銅賞、アンダー20賞、優秀賞の10作品。

「若き才能と建築界トップランナーが出会う」
2019年度審査員長:堀部安嗣 
審査員:竹原義二/松岡拓公雄/横内敏人/堀啓二

学生たちの全力プレゼンに審査員が熱くぶつかる!

建築を志す学生と、日本建築界のトップランナー審査員が目の前で熱くぶつかる設計コンテスト。今年もいよいよテーマが決定!ご応募お待ちしております!

開催概要

木の家設計グランプリ」とは
『学生 vs 建築家』建築を志す現役学生と日本を代表する建築家が目の前で熱くぶつかる木造住宅設計コンテスト。

応募は建築を学んでいる現役の学生ならどなたでもOK!一次審査から建築家が全作品に目を通して審査します。勝ち抜いた方はステージでプレゼンテーションを行い、受賞作品が目の前で決定します。
建築学生vs審査員の臨場感あふれるステージ!
あなたの挑戦をお待ちしています!

 

 

参加者の方には「木の家設計グランプリオフィシャルブック」を差し上げます。
大会の模様や受賞作品が掲載されたオフィシャルブックを大会後にお送りします(※非売品)

建築家 竹原義二審査員。学生に気さくに話しかけ作品の意図など聞きます。

審査員が会場をまわり、学生と対話しながら審査が進みます。

参加者はもちろん、一般観覧も入場できます。他の作品に目を通す学生。

建築家 伊礼智審査員。模型をじっくり観察中。

目の前で受賞作品が協議され決定します。