未来の建築家を発掘、一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

工務店トップインタビュー

「大工の育成に力を入れ、伝統技術を次代へ継承。家守りができる地域工務店の役割を果たしたい

徳島県
株式会社 山田工務店   代表取締役社長 山田 文夫

モデルハウス 

当社は徳島県内で木造住宅の新築、リノベーションなどを手掛けています。目指しているのは、空気質のきれいな家づくり。建築材に、徳島県産の徳島杉をはじめ、無垢材、漆喰、和紙などの自然素材を使うことにこだわっています。また、無垢材や塗り壁を多用することで、大工さんや左官屋さんの手仕事を増やし、技術の継承にもつなげたいと考えています。

 「手刻み」という技術はそのひとつです。これは、大工がノコギリやカンナ、ノミなどの手道具で、木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を加工する伝統的な加工方法です。現在は、手刻みの代わりに機械で加工する「プレカット加工」が主流で、全体の93%を占めるといわれています。

 プレカット加工のメリットは、早く加工できる点にあります。しかし、「このままでいいのか」と疑問を感じています。というのも、手刻みの技術なしには、昔の木造住宅の梁や柱を入れ替えるリフォーム・リノベーションは難しいからです。また、プレカット加工ができるのは角材のみで、丸太には対応していないこともデメリットと考えています。

 徳島県には現在、約2000人の大工職人がいますが、30年後には約600人に減ると予想されています。次代を担う大工を育成し技術を継承しなければ、将来、住宅のリフォームや修繕に対応できないケースは増えるでしょう。ただ、手刻みの技術は、どこででも習得できるわけではありません。多くの工務店が大工を外注している今、若い大工が学べる場所がないからです。

 そこで当社は、5~6年前から、若手大工の正規雇用・育成を始めました。若い大工を育て、伝統技術を継承することで、家守りができる地域工務店としての役割を果たしたいと考えています。また、「手刻みの技術を身に付けたい」という若い大工の熱意に応えたいという思いもあります。

 木造住宅を手掛ける一方で、天然素材、特に木の魅力を子どもたちに体感してもらいたいと思い、「木育活動」にも力を入れています。その一環として、木のパーツを柱や梁に見立てて、大工さんと子どもたちが木のジャングルジムを組み立てる活動を展開しています。この活動を通して、子どもたちには「人の技で組んで家をつくることの大切さ」とともに、木を扱う際に気を付けること、道具やパーツがほかの子に当たらないよう気づかう大切さなどを学んでほしいと願っています。

 当社には、大工のほかに設計士も在籍しています。みんな素直で礼儀正しいので、お施主さんには「安心して任せられる」と喜んでいただいています。

 どの業界でも技術や知識は重要ですが、何より大切なのは、お客様を第一に考える誠実さや、人が見ていない時でも一生懸命仕事をするような真面目さと熱意です。私はそんな人と一緒に仕事がしたいと思っています。設計グランプリで、建築に真摯に向き合う学生さんと出会えることを楽しみにしています。

施工事例

【企業プロフィール】

<会社名> 株式会社 山田工務店
<住所> 〒773-0014  徳島県小松島市江田町字敷地前79-1
<連絡先> TEL:088-669-1226 
<E-mail> お問い合わせフォームより
<事業内容>注文住宅設計施工・リノベーション・リフォーム
<沿革など>昭和43年創業  資本金 3,500万円

株式会社山田工務店