未来の建築家を発掘、一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

工務店トップインタビュー

「建築は、時代を守り、時代をつくる仕事。
豊かな暮らしを、地域の人が感じ取れる仕事をしたい」。

京都府
株式会社HORI建築   代表取締役 堀 昌彦

モデルハウス

私は京都・福知山で大工の息子として生まれ、幼い頃から現場や製材所で遊んでいました。そんな経験から自然と建築の道を選び、現在は国産材をほぼ100%使用する健康的な家づくりをしております。この大会は、建築の技術継承ができる素晴らしい機会だと共感し、協賛させて頂きました。

当社は3年前から、本格的に新卒採用を始め、今年は社員大工として、女性が入社してくれました。現在、品質管理も2人の女性が担当し、現場に行って大工さんに指示するなど、頼もしい限りです。

また、当社で家を建てていただいた中学校教員のお客様から「入社したい」とお申し出をいただき、早期退職され現在は営業として活躍してくれています。これからは、若い人も60代以降の方も、共に活躍できる会社にしていきたいと思っています。

私たちが建築業を通じて、地域の若い世代に何ができるかと考えた時に、将来の豊かな暮らしとは何なのかを、見て感じとってもらえる仕事をすることだと思っています。

 今の社会は、一所懸命勉強して、塾に行って良い大学に行って、公務員になるとか大企業に入るとか、それが一流という考えが多いように思いますが、生まれ育った地域を愛してほしいし、自分たちで、好きで仕方ない町にしていきながら、この町で生きていこう思えることができたら、それはとても豊かなことだと思うんですよ。地域に自分の職がある豊かさって、素敵だと思いませんか?

釘をコンコン打ったり、木を削ったり、壁を塗ったりする仕事って、日本にはなくてはならない仕事だと思っています。それを私たちが見せていける活動をしていきたいと思うんですよね。もちろんそれは、子供だけじゃなく親御さんにも、その価値に気付いてもらうことが大事ですよね。

建築の仕事は、設計でも大工でも、格好いい言い方すれば、『時代を守り、時代をつくる仕事』だと思います。そして、その先にある幸せな社会をつくるという、大きな仕事でもあります。そんな風に感じて、共に夢を見ることができる人と、仕事がしたいですね。

何人もの社員が育ち、生き生きと働く姿をみるのが私の夢でした。それがようやく実現してきた今、「こんな会社で働きたい」と言ってもらえる人を増やしていくのが夢ですね。

学生の皆さんは、恐れずに今自分がやりたいと思うことに向かって、失敗を恐れずに飛び込んでみてください。そして、将来の道を選ぶ時が来たら、その会社の社長さんや社員の人にも本音でぶつかってみるといい。人には、みんな心があるから、そういう中から自分にとってもベストな出会いを手繰り寄せられるよう、日ごろから本音で話す、付き合うことが大事だと思いますよ。

施工事例

【企業プロフィール】

会社名 株式会社 HORI建築
住所 〒620-0808 京都府福知山市字土1117-122
連絡先 TEL:0773-27-2075 (代表)
E-mail: info@hori-aa.co.jp
事業内容:建築工事一式 注文建築、及びリフォーム、建築設計・監理 不動産事業
昭和60年創業  資本金 3000万円

株式会社HORI建築