未来の建築家を発掘、一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

工務店トップインタビュー

「学生時代は、建築やものづくりをどんどん好きになるとき。
   その情熱をずっと忘れず、将来に是非生かしてほしい。」

静岡県
株式会社サン工房   代表取締役社長 袴田 英保

サン工房社屋


 私たちは1982年、建築設計事務所としてスタートしました。当時、施工は工務店に委託しており、そのことに対して疑問を持ちませんでした。

 しかし、住まいづくりを重ねるうちに、施工に携わらない住まいづくりでは、お客様とつくり手の想いををきちんと形にすることに限界を感じました。家づくりのすべてに関わることこそ、真の意味での「つくる」行為ではないかと考えたのです。
 そこで設立から8年後、設計と施工を請け負う工務店として、新たな一歩を踏み出しました。このときが、「つくり手」としての真のスタートだったと言えるかもしれません。

 家づくりに関しては、かねてより私たちは「日本の家をつくる」を標榜し、お客様のご要望を丁寧に伺いながらも、昔から受け継がれる「日本の家」の良さを充分に取り入れた家づくりをしてきました。そして今、改めて日本の家を考えるとき、数寄屋という建築様式に着目し、時代に即して新しい意匠や素材を取り入れて「現代数寄屋」の提案を行っています。

 私たちは家を建てた後のお付き合いも大事にしています。1年目には4回、その後は10年間毎年1回、必ずお客様の家を見に行きます。実際どう住まわれているのか、どのような状態になっていくのかを、しっかりと担当者が見守ります。そして設計や監理担当が自ら行くことで、次の家づくりにもフィードバックできるのです。

 この様に、規格住宅とは違い、毎回違うものを丁寧につくる私たちの家づくりは、設計も現場も大変ではありますが、お客様が喜ばれている姿を間近で感じることにより、とても大きなやりがいを感じることができます。

  学生の皆さんが、将来どんな形で建築に携わるか、今はまだ分からないかもしれませんが、コンペで課題に取り組むことで、得る物は多いはずです。その情熱は一生忘れず、将来の仕事で発揮して頂きたいと思います。

 ものづくりで大事なのは『人』だと思います。そして私たちは、 ものづくりを通して、人として成長できる会社を常に目指し続けたいと思っています。そのためには、ものづくりに情熱をもった若い力が絶対に必要だと思っています。

 私たちは、建築やものづくりが好きな人が集まった会社です。だからこそ同じように建築好きな学生が集うこのグランプリに協賛させて頂きました。 

 審査員の建築家の方々、工務店、学生の方が集まる場はそうはありません。皆さんの熱いエネルギーを感じさせて頂くことで、今後の私たちのものづくりにも活かしていけたらと思っています。皆さんの活躍を応援しています。

                                        施工事例

                                        施工事例 

【企業プロフィール】

会社名  株式会社サン工房
住所   〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3-7-30
連絡先  TEL:053-484-0556 (代表)
E-mail    webmaster@sankoubou.com 
事業内容  建築の設計・監理・施工、造園計画の設計・施工、不動産取引
沿革   昭和57年創業  資本金 2,200万円

株式会社サン工房 ホームページ