未来の建築家を発掘・一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

2018年度 募集要項

課題テーマ
「もう一度、庭付き一戸建て」
       -郊外での暮らしの再考-

課題主旨

 大地を改変し地形の魅力を消し去る雛壇造成や画一的な区画割。家を取り巻く庭や街並み、周辺環境が徐々に退屈でつまらないものになろうとしている現実に対して、わたしたちは鈍感になりつつあるのではないでしょうか。

映像作品で見かけるような唯一無二の風景、物語を引き立てる背景としての美しい風景の存在は、今や風前の灯であると言えます。それは経済成長とともに変化してきた、家をはじめとした建築のあり方、道路や造成地などの土木構築物のあり方とも密接に関わり合いながら今日へと至っています。

家の開口部廻りひとつを取ってみても、かつての住まいにおける開口部や縁側は様々な関係性を育む、生き生きとした存在でした。一日を通しての自然の変化、四季折々の変化。陽の光や風の流れを取り込むのはもちろんのこと、周辺の美しい風景を切り取ったり、近隣の住民とのコミュニケーションを招き入れるなど、多彩な役割をも担っていたと言えます。しかし、開口部は徐々に単調なものへと変化し、その役割と魅力を削がれつつあるように思えます。

現代ではIT技術の進歩に伴い、場所や時間に束縛されることのない自由な働き方が実現しつつあります。先駆的な人たちは、大地とともに生きることの素晴らしさを再認識し、地方や郊外ならではの美しい環境や地域文化の中での暮らしを実践し始めています。

そうしたことも踏まえつつ、風景や庭との関わりといった切り口とともに、「一戸建ての家に住まうことの喜びや価値」を、メンテナンスなどのリアリティも考えながら見つめ直してもらいたいと思います。

「もう一度、庭付き一戸建て」 ― 人と自然、緑と家との関係を再考することで生まれる新たな風景とはどのようなものか。都市部のマンションではなく、郊外の庭付きの一戸建てで暮らすことの意味とその在り方を柔軟な発想で提案してください。

 


                         2018年審査員長 荻野 寿也
 

設計条件、提出物詳細は、こちらからダウンロードしてください↓

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。
※内容は変更される場合があります。最新更新日にご注意ください。

賞金

第1位:賞金30万円
第2位:賞金10万円
第3位:賞金5万円
アンダー20賞(20才以下の方に送られます):賞金10万円
各審査員賞(6点)賞品授与

応募資格

住宅建築のプロを目指す、全国の建築学生

  • 大学院修士、学部生、高等専門学校生、専門学校生、高校生として2018年4月1日現在 在籍する建築学生を対象とします。
  • 個人またはグループでの応募とし、グループの場合は全員が学校等で建築を学ぶ学
    生とします。
    =お知らせ= 遠方から参加の方へ、交通費支援があります。
    ※詳細・申請方法については、エントリー後にお知らせ致します。

応募方法と大会の流れ

エントリー 2018年4月1日(日)開始

当ホームページ(http://www.dentoumirai.jp/ )の「エントリー」から受付を行ってください
※期間中にエントリーを済ませた方のみ、作品提出が可能となります。

【エントリー受付期間】
2018年 4月1日(日) ~ 2018年 8月31日(金)

エントリーページはこちら

登録番号通知

登録を受付次第、事務局より登録番号をメール致します。設計詳細要項は、必ずHPよりダウンロードし、確認をお願いいたします。
※9月2日までに連絡がない場合は、お手数ですが事務局にお問い合わせください。

作品提出 

提出期間
PDFデータ:2018年9月1日(土)~2018年9月10日(月)必着
設計図書郵送:2018年
9月10日(月)~2018年9月14日(金)18:00必着
※送付先、メールアドレスは詳細要項に記載

設計条件、対象敷地、提出物、送付先などの詳細は、ページ上部「設計詳細要項.pdf」リンクよりダウンロードしてください。

 

一次審査 9月22日(土)午前9時~11時

上位20選を選出し、そのうち上位10作品については、当日午後に行われる最終審査会で発表いただきます。

・9月22日(土)の午前9時~11時頃実施の1次審査時には、各自提出した展示作品の前で待機し、審査員からの質問に答えることが可能ですので、ふるってご参加ください。
 

最終審査会 9月22日(土) 午後12時30分~

最終審査(上位10選)に選定された応募者は、提出した設計図書(作品データをスクリーンに投影します)と模型を使用し、発表時間5分以内のプレゼンテーションを行います。

公開審査・授賞式・懇親会  

各賞は公開審査により決定します。
授賞式では各賞の授与が行われ、大会終了後には審査員を交え、関係者との懇親会が開催予定です。