未来の建築家を発掘、一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

工務店トップインタビュー

「自分の兄弟や大切な友人のように
お客さんを思い接すること。それが一番大切です」。

愛媛県
株式会社コラボハウス   代表取締役 
清家 修吾

代表取締役 清家修吾


昨年協賛させて頂き、しっかりと考え込まれた若い感性と勢いのある作品の数々に感動しました。今回もコンペに参加する志ある学生さんを応援したい!という気持ちと、こんな素晴らしいコンペを継続して開催されている谷口工務店の皆さんを応援したいという思いから協賛させていただきました。

コラボハウスは2008年に創立し、現在愛媛県内に5カ所の事業所を開設。社員60名で地域密着の家づくりをしています。新築は年間170棟ほど。1人の設計士につき担当は1カ月に1棟までと決めており、お客様には順番を待って頂いているという有り難い状況です。

コンセプトは「住みやすくてかっこいい家をより安く」。営業マンありきのスタイルではなく、お客様が初めて来店するときから直接、設計士が話を伺って家に対する想いや要望を聞き取ります。友人のように親身に、時に建築のプロとしてお話することで、お客様の「これしたい」を、そして自身が気づいていない潜在的な要望を徹底的に引き出してあげることが大切です。

設計士は良いプランが描ければ良いというわけではありません。提案内容はもちろん、趣味や世間話、ファッション、そしてちょっとした気配りが、お客様にとって「この人に任せたい」と思えるかどうかの大きなポイントになります。接客の心構えは、多くの人と接することで柔軟な対応を学ぶことができます。私も接客を学ぶために、今も施主様のそば屋のお手伝いをしています。それくらい設計士にとって人との接し方は重要です。

コラボハウスの設計士の仕事は多岐に渡ります。銀行関係の業務、見積もり、土地探しにいたるまで設計士が行います。お客様のお子様の子守りすることも。覚えることが多く大変ですが、家づくりのすべてに関わることができ、たくさんの経験を得ることができます。お客様から「楽しかった!」「できることなら、またコラボハウスで家を建てたい」と言っていただける喜びを感じ、仲間たちと切磋琢磨し成長する、そんな環境を作っていきたいと考えています。

住宅業界に限らず言えることだと思いますが、1人で何役こなせるか、より多くの知識と経験を持った人が生き残っていける時代になると思います。「自分はこれしかしない」という人よりも、複数のことを学び、経験を積んだ人のほうが魅力的だと思うんです。自分が学び、成長することがお客様のため、そして回り回って自分のためになります。学生の皆さんには今から前向きに何事もチャレンジしてほしいです。私も、まだまだこれから。一緒に頑張りましょう。

施工事例

松山久万ノ台オープンスタジオ

【企業プロフィール】
会社名:株式会社コラボハウス
住所 〒790-0916 愛媛県松山市束本1丁目6-10 2F
連絡先 TEL:089-947-1313 (代表)
Mail: info@collabohouse.info
事業内容:住宅・店舗の設計・工事及びメンテナンス  リフォーム工事 
沿革など/創立 平成20年6月2日 資本金 50000千円 

株式会社コラボハウス ホームページ