未来の建築家を発掘・一流建築家が審査員! 建築界注目の現役学生の木造住宅設計コンテスト

受賞作品

2016 課題テーマ
「未来へ住みつなぐ木の家」

~次世代への暮らし方をデザインする、住みつなぐ新築住宅の提案~

最優秀賞(堀部安嗣賞・株式会社国興賞)

「式年蔵と覆屋の家」  
          東京工業大学大学院M2   児玉理文

 

優秀賞・竹原義二賞

「木のぼりはうす」  
          桑沢デザイン研究所  小出夏子

 

準優秀賞・U20賞

「屋根間の家」  
          桑沢デザイン研究所  三木まひる

 

横内敏人賞・相羽建設株式会社賞

「土間の家」  
          京都造形芸術大学  
藤原 昇大
 

松岡拓公雄賞

民泊とともに住まう」  
東京工業大学大学院  鈴木 惇平

 

伊礼智賞・有限会社扇建築工房賞

大きな家と小さな家」  
          東京都市大学大学院  川名恵佑

 

荻野寿也賞

「木陰と暮らす家」  
          京都府立大学  米澤政人・松本哲弥

 

奨励賞・株式会社コラボハウス賞

「きっかけを紡ぐ家」  
          専門学校ルネサンス・デザイン・アカデミー
          杉本湧哉

 

奨励賞・株式会社コアー建築工房賞

「材を継ぎ、住まう」  
東京工業大学大学院 高橋洋介
 

奨励賞

「境界を変える家」  
          豊橋技術科学大学大学院 清水優里

 

奨励賞

「慈悠~未来へと繋がる優しさ~」
      広島工業大学 島田彩花・川岡聖夏・田村幸大・山下流

 

奨励賞

「大屋根の下の永続性」
      共立女子大学 芳賀千佳・小倉彩・田口智晴

 

株式会社山弘賞

「あの頃の思い出のままに」  京都府立大学 田中 俊之
 

株式会社土屋ホームトピア賞

「人を結び、つなぐ家」  東京電機大学
山内 一輝・嶋 優之介
 

株式会社はなおか賞

ニワゲンカンをもつ」 京都工芸繊維大学 大学院
江里口宗麟
 

2015 課題テーマ
「となり近所との、いい関係をつくる住まい」

現代で希薄になりつつある向こう三軒両隣のあり方を見直し、今の暮らしにふさわしい、となり近所との関わりや街並みを意識しながら、良い住まいを設計して頂きました。

 

最優秀賞

「雑草と暮らす家」  滋賀県立大学  宮崎瑛圭
 

優秀賞

「八王子の八角形の家」 飯島千央(京都造形芸術大学 大学院)
 

準優秀賞

「潮先の居」=港町の共有住居=
河崎菜摘・玉田翔也(京都工芸繊維大学 大学院)
 

その他の受賞作品

●横内敏人賞 青木美音(九州大学 大学院)
「雨宿りみちの家」

●荻野寿也賞 小畑壮平(京都工芸繊維大学)
「径を型取る家~裏庭でつながる隣近所~」

●竹原義二賞・伊礼智賞 西島修悟(日本大学 大学院)
「凸凹邸=近隣との距離を再考する=」

●松岡拓公雄 石原国篤(三重大学 大学院)
「縁側HOUSE」

●奨励賞 藤木慶一(京都工芸繊維大学 大学院)
「私の家№000」

●奨励賞 根本響暉(東洋大学 大学院)
「人と人をつなぐ もの・こと・とこ」

●奨励賞 廣田竜介・小泉宏基(立命館大学 大学院)
「変装し生まれる繋がり=小さくも大きくもなる空間=」

(順不同・敬称略)

2014 課題テーマ
「ばあちゃんらと共に ー現代の三世代住宅ー」

一人暮らしや核家族が増加し、少子高齢化の時代の今だからこそ、三世代が共に暮らすことを見つめ直す。エネルギーや環境問題を考える上でも三世代が住めるコンパクトな住宅は大いに貢献できる住まいです。木造の良さを生かした新しい三世代住宅のかたちを提案して頂きました。

最優秀賞

「風車の家~建築を巡る家族、人、自然、風、光~」

大阪市立大学 
藤田 俊洋 

優秀賞

「3世代シェアハウス」

滋賀県立大学 白井 萌

準優秀賞

「家族を作るいえ」
東京大学 紺野 光、久寿米木 真子  法政大学 紺野 菫

その他の受賞者

審査員賞

  • 松岡賞「多摩川沿いの家-軒下と室内に土間のある暮らし-」
        京都造形芸術大学 飯島 千央
  • 竹原賞「縁側でつなぐ ~再生する家~」
        共立女子大学 神山 恵理
  • 伊礼賞「家族のため、まちのための家」
        三重大学 三宅 勝也
  • 荻野賞「三世代と14枚の壁」
        滋賀県立大学 宮崎 瑛圭

谷口工務店賞

  • 谷口賞「Air Connect」
        滋賀県立大学 川井 茜理

奨励賞

  • 「三世代身体知共有ゼロエネルギーハウス」
     滋賀県立大学 駒井 健也
  • 「逆さの家」
     大阪市立大学 坪田 一平
  • 「ユキノアトリエ~雪による環境制御を用いた3世代SOHO住宅~」
     首都大学東京 西川 崇、柿崎 英知

参加者の声

・学生の皆さんの自由な発想に刺激を受けた。常に新鮮な発想で建築に取り組んでいきたいと思った。(建築関係・20代男性)
・雑誌などで見ていた建築家の皆さんが目の前で(しかも至近距離)見れて、トークは純粋に面白かった!そして建築に対する熱い思いを肌で感じることができた。気軽に話してくださり感激でした。(学生・20代女性)
・このイベントに参加して、自分のやりたかったこと、そして建築に対する思いが確認できた。プレッシャーもあったが楽しかった。この経験を今後も生かしていきたい。(参加学生・20代男性)

懇親会風景